もぐもぐ生活 

食べることが大好き!
子供との日常、食べた物を紹介します♪
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 東京 その2 | main | 録音しておきたい発言 >>

東京 その3

朝食を済ませるとスカイツリーへGO!
最寄駅からはっきりと見えるので、迷うことなく行くことができそう。歩くのがままならないくらいの強風だけあって雲がなく、青空にスカイツリーが映えて美しい!

一応、スカイツリー通りを通って向かいました。この道路で下水管の(交換?)工事をしていて、やたら穴を掘っていました。

見上げると目に入る電線。縦横に電線が通っていて、写真撮影時に非常に邪魔なのが残念。

徒歩20分くらいかかるかな。どんどん近づいて来ました。

実物を見ると。非常に美しい建物で圧巻です。

下はこんな感じになっています。

何度も何度も見上げてしまう田舎者の夫婦でした。

展望台に上がれるチケットの整理券は10時半に終わっていたらしい。強風でエレベーターは点検中で止まってました。とりあえず、下の売店でお買い物。

お買い物が済んだ後は、タクシーでビューンと天麩羅で有名な「土手の伊勢屋」に行こうとすると、運転手に道を間違われ少し違う場所で下ろされました。「こっちに来てしまったので・・・」って、どういうこと? ちゃんと地図を見せたのに間違うってどういうことよ。「ここですよ」と地図を見せて念押したのに、地図をちら見しただけで「あー、わかりまし」と言ったくせに間違ってる。じゃ、戻って店まで行って欲しいというと「メーター倒してしまったので」って、勝手に倒したのは自分のくせに。きーっ 帝都自動車交通 墨田営業所のメガネの人! 客商売向いてないと思うよ。大阪だったらこんな対応はありえないね。
暴れようかと思ったけど、人気店だけにお店の行列が増えていてら嫌だったので断念。

ちょっと戻ってお店に到着。行列は5〜6人でした。強風だったので並ぶのを諦めた人が多かったのかな。

昔からあるような佇まい。

中はこんな感じでレトロ。

いい雰囲気の店内にごちゃごちゃと人。店は狭いです。

座布団の意味あるのか?ってくらい薄かった。

天丼はイ、ロ、ハと3種類あるのですが、メニュー表には値段の表記のみで内容の違いが書かれていない。壁に中身の説明を貼っておけばいいと思うのだがない。店員さんに説明してもらわないとわからないのは不便。説明されても即断できないお客さんがちらほら。貼っとけば考える時間作れるし、早く注文もらえると思うんだけどね。あー、イライラ、これ関西人気質かしらん。

我々はネットで情報収集済なのでイ、ロ、ハの違いは知っている。
これは一番高い「ハ」の丼。私は安い「イ」の丼。
思ったよりご飯は少なめだったので食べることができました。思ったよりカラッとしてなかった印象が、美味しかったです。しかし、私は胃もたれ。

私は豆腐の味噌汁も一緒に頼みました。

食事後は夫の希望で浅草寺! 夫は初めての訪問。

久しぶりの浅草寺。私は20年くらいは来ていないと思う。3〜4回目くらいの訪問。

知っているかな。「雷門」のでっかい提灯の下は龍が掘られています。

すんごい人。半分くらいが異国な人。特にアジアな方が多かったです。

第二の門

両端に像があります。

横の通りは商店街と繋がっている所もありました。

意外と奥行があり、第三の門

裏側には大きな草履が下げられています。

浅草寺からスカイツリーがよく見えました。スカイツリー効果で浅草が賑わっているらしいですね。

お参りする前に煙を頭にかけ お手水舎で手と口を清めて・・・

いざ参拝へ

天井が美しかったです。

参拝後、おみくじひいたら「凶」 久しぶりにひいたので笑ってしまった。

なんと夫も「凶」だった。凶の含有率が高いようで隣にいたお姉さんも凶だった。
とりあえず、結んじゃえと結んでいると、知らないおばちゃんが「嫌だわ。凶だったわ〜」と言いながらやって来た。「私も凶ですよ、夫も凶ですよ」と言うと「地元の神社では大吉だったのに〜」と笑いながら結んでおられました。もう笑うしかないよねぇ。夫だけ「おみくじひかなきゃ良かった」と後悔。気にしすぎだよね。

続々来る参拝者 さすが都会だわ。

お土産をちょっと買って東京駅も向かいました。

4時頃の新幹線に乗れました。今日は寒くてニット帽を買ってしまった。

帰りの新幹線 富士山がうっすら

一番近くに見える辺りでは、はっきり見ることができました。やっぱりキレイな山だなー。なんだか幸せ気分、。


そのまま、夫の実家へ息子を迎えに行きました。行き先をはっきり話していなかったので、

「どこに行ってた? アメリカ? ドイツ?」と聞かれたので、

「お母さんはイギリス お父さんはフランス」と答えると

「すごいなー 別々やったんや」と素直に受け止めていた。地理がわからないから、距離感わからないから仕方ないのかね。突っ込んでくれるのは数年後か。
今度の東京は家族3人で行くのかな。楽しみー。
今回息子を連れて行かなかったのは、息子が人混みと並ぶのが苦手なことと、ばーちゃん宅に泊まりたがったからです。観光を一緒に楽しめるようになるのは何年生からなのだかねぇ。


お出かけ(その他) | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









応援クリックお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ